W杯日本と同組スペイン代表指揮官 選手の夜の営みは「正常な行為」も「乱交は理想的でない」英紙報道

2022年11月27日 07:03

[Samurai GOAL]

抜粋

スクリーンショット 2022-11-26 20.42.38




1: 2022/11/26(土) 20:11:08.12
 FIFAワールドカップ(W杯)スペイン代表のルイス・エンリケ監督(52)が、W杯期間中における選手の夜の営みは認めるが、乱交は禁止すると語ったと、英紙タイムズが25日に伝えた。

 同監督はSNSでのファンとの交流イベントのなかで「選手が試合前夜にセックスをするのは気にしないが、乱交は一線を画している」と言及。

 「(夜の営みを禁止するのは)ばかげている。完全に正常な行為だと考えているからだ。彼らがもし性行為をするのなら、それはしたいからであり、必要だからだ。私がクラブの監督なら、選手は試合の前夜に家にいるため、まったく心配しない」と語った。その上で、「あくまでも常識の範囲にとどめる必要がある。試合の前夜に乱交をするのは明らかに理想的ではない。しかし、パートナーとするならそれは普通だろう。私も選手時代、試合前日は自宅にいて、必要なら妻としていた」と続け、自身の経験をもとに夜の営みについて見解を述べた。

 スペイン代表は、現地時間12月1日に一次リーグ最終戦で日本代表と対戦する。なおエンリケ監督の長女シラさんは同代表のFWフェラン・トーレス(22=バルセロナ)と交際している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/04930146b9bc909085feda7b2276d42b28ff9aeb

続きを読む

この記事を見る