【悲報】内田篤人さん、同い年ナーゲルスマンのバイエルン指揮官就任に「舐められるんじゃないかな…」

2021年05月09日 22:01

[サカラボ | サッカーまとめ速報]

抜粋

1: 伝説の田中c ★ 2021/05/09(日) 20:30:09.43 ID:CAP_USER9

9ff60bfb-s


元日本代表DFの内田篤人氏が、バイエルン行きが決まったRBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督について、自身がMCを務める『DAZN』の番組「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」でコメントした。

今季限りでハンジ・フリック監督が退任するバイエルンは先日、来季からの新指揮官にナーゲルスマン監督を招聘することを発表。ホッフェンハイム時代に当時28歳でブンデスリーガ史上最年少指揮官となったナーゲルスマン監督は、2019-20シーズンからRBライプツィヒを指揮。昨季には史上最年少でチャンピオンズリーグ(CL)4強に到達した指揮官となった。

世界屈指のメガクラブを指揮することになったナーゲルスマン監督について、同い年の内田氏は「33歳、同い年…。俺が今、監督やれって言われたらどうしよう…しかもバイエルン」と思慮しつつ、「難しいな。33歳でバイエルンって(選手たちから)舐められるんじゃないかなと思いますけどね」と、スター軍団をまとめることができるか心配しつつ、自身の現役時代の経験を踏まえて以下のように語った。

「僕、シャルケでの最後の監督が(ドメニコ・)テデスコ(現スパルタク・モスクワ監督)だったんですけど、彼は僕の1つか2つ年上で、『監督』というよりも『お兄ちゃん』という感じでした」

「彼とナーゲルスマン監督はドイツの(同じS級)ライセンス取得の際に1位と2位だった(※テデスコ監督が首席)らしいので。そういう監督が結果を出せばどんどん上がってくる。バイエルンに行って勝てるかはわからないけど、それだけのことをやってきたからこそバイエルンに選ばれたはず。凄いです」

そして、内田氏は最後に、「若くてもやれるというのを見せて頑張ってほしい」とエール。メガクラブ行きが決まった同い年のナーゲルスマン監督に期待していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c3c28dd171d277f3ac01208fbb28324b91807557




999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



続きを読む

この記事を見る